生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

足のサイズを小さく見せる為に!今日から出来ることをご紹介

2017.9.11

足のサイズが大きい人というのは、なんとか小さく見せたいと思いますよね。

足のサイズを小さく見せる良い方法は無いのでしょうか?痩せたら足も小さくなる?

足を小さく見せるには、靴選びや浮腫み解消が重要なカギを握っているようです・・・!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。 ...

居酒屋に女性が1人で行くのはどうして?その心理と周りの意見とは

近頃流行っている「おひとり様」ですが、居酒屋で女性が1人で飲んでいるのはどうしてなのでしょうか? ...

クッキーはこのコツでサクサクに美味しく作ることができる

クッキー作りはコツやポイントを掴めば、初心者でもサクサクに美味しく作ることができます。 では、...

旦那の小遣い!その知られざる使い道について徹底調査!

旦那の小遣い。減らしたいけど減らせない。 あいつは一体小遣いを何に使っているのだ!?気になる旦...

夫の小遣いが8万!多いのか少ないのかは年収次第・・・

夫には毎月お小遣いを渡しています、という家庭は多いといいます。 みんなはどのくらいもらっている...

精神障害者手帳の申請が通らない!申請に必要な条件と対象の疾患

精神疾患で通院をしている時、精神障害の方の自立や坂井参加を促す目的で発行される精神障害者手帳。 ...

バイクの速度が出ない!?そんな時は自分でも点検してみよう

バイクの速度に変化を感じる。今までよりも速度が出ない!? そんな時に考えられる原因を考えてみま...

車内の匂い、香水で良い香りを持続するための効果的な方法

車内の匂いって気をつけていても臭いが染み付いていることってありませんか? では、車内の匂いを消...

カレーうどんの付け合わせに野菜をプラスして美味しさアップ

カレーうどんってそれだけでも美味しいのですが、せっかくなら付け合わせに野菜を合わせてみてはいかがでし...

源泉徴収票には退職日が記載されているので嘘がバレます!

転職回数が多い人や無職の期間が長い人は職歴を誤魔化したいと思うこともあるでしょう。 履歴書に職...

子供のための貯金・・・おすすめの銀行と注意点を説明します!

赤ちゃんが生まれると、子供のために貯金してあげたいですよね。 でも、赤ちゃんでも銀行口座って開...

ボールペンのなかなか取れないインクの染みに!洗濯の裏技

ボールペンのインクが服に付いてしまった。そんな経験ありますよね。 お気に入りの服に限って、真っ白な...

小麦粉の保存は密封ケースと冷蔵庫で!常温保存は危険です

開封後の小麦粉はどうやって保存していますか? まさか輪ゴムで止めて常温保存? 実はきちんと密封...

大学の退学理由や書き方など退学届の手続きの仕方はコレ

大学を退学するときに退学届というものを出した方が、社会人になったときののためにも良いそうです。 ...

チャーハンを作る時にはご飯を洗う?美味しいチャーハンの作り方

みんな大好きチャーハンですが、家で作るとどうもべちゃべちゃだったりパサパサすぎたり上手くいかないこと...

スポンサーリンク

足のサイズを小さく見せるためのポイント

足の大きな女性は、出来るだけ足を小さく見せたいと思うことでしょう。しかし、足の長さを変えることは出来ません・・・。その為、いかに足を小さく見せるかということが重要になります。ここでは、足を小さく見せる為のポイントをご紹介します。

●自分の足に合った靴を
足を小さくキレイに見せるには、やはりサイズの合ったものを選ぶことが大切です。サイズが合っていないと靴擦れを起こす原因にもなるので、きちんと自分に合ったものを選びましょう。

●色は黒を選ぶ
洋服でも黒が細く見えるのと同じように、黒の靴も足を引き締めて見せる効果があります。そして脚全体も細く見せてくれるため、脚長効果も期待できるのです。

●ヒールでも見え方が変わる!
足を小さく見せたい場合、ヒールの形にも注目してみてください。かかとから真っ直ぐ下りたヒールよりも、少しカーブしている方がメリハリがあって足を小さく見せてくれます。

●つま先が尖った靴
やはり形と言うのも重要です。つま先が尖っているものは、足をシャープにみせてくれます。

●靴先にポイントがあるもの
靴先にリボンなどの飾りがあることで、目線がそちらにいき足全体が目立ちにくくなります。また、ポイントがあることで立体感が出る為、ペタッとした印象が無くなるのです。

浮腫みを解消すれば、足のサイズも小さくなる!?

足の浮腫みが原因で、靴が小さくなった・・・なんて経験をしたことがある方も多い事でしょう。

浮腫みというのは、足に水分が溜まることで起きる現象です。足に限らず、実はふくらはぎや太ももも、浮腫みで太くなっていることがあります。通常時と浮腫んでいる時で1cm、2cm違うなんてこともよくあります。

つまり浮腫んでいる時というのは、朝と夕方で体型までも変えてしまっているということです。他人から見てもわかるほどに変わってしまうこともあり、「あれ?あの人、今日一日で太った・・・?」なんて思われてしまうこともあるかもしれません。

立ち仕事、座り仕事をしているから浮腫んでも仕方ない・・・と思っているかもしれませんが、それは大きな間違いです。

浮腫みというのは、血流や水分代謝を良くすることで解消することが出来ます。浮腫みにくい体になれたら、それは代謝の良い痩せやすい体になっているということです。

浮腫みを甘く見ずに、しっかりと向き合って対策をしてください。足のサイズだけでなく、体型にも変化が現れるはずです!

痩せることで足のサイズは小さくなる?

足の浮腫みを解消する着圧の靴下などが売られていますが、果たして本当に効くのでしょうか?

実体験から、私はとても効果があると思っています。特に、使用していない日にその効果を強く感じています。「着圧の靴下を履いていたから、ブーツがきつくならなかったんだ」といったこともありました。

また、足首の変化がよりわかりやすく、浮腫み対策をしていない時はとても太くなってしまいます。しかし、寝る前にマッサージをしたり、着圧の靴下を履いて寝ることで、翌朝には足首がキュッとくびれているのです。

着圧靴下にも様々な種類のものがあります。長さの違うものや、スパッツタイプ、寝るとき用などなど・・・私は常に浮腫み対策が出来るように、それらを使い分けています。

こんな風に浮腫み対策をして足痩せをすることで、足のサイズを小さくすることは出来ます。

また、痩せる事でも足のサイズは小さくなることがあるようです。しかしかなりの体重減少が無い限り、そうそう靴のサイズというものは変わりません。

ただ、数キロだとしても痩せることで、足の周りの贅肉がなくなってサイズダウン出来る場合もあるようです。

足のサイズを小さくするのを目的に、ダイエットする人というのはあまりいないかと思います。足のサイズを小さくしたいのであれば、まずは浮腫み対策をしてみた方が良いかもしれません。

足のサイズを小さく見せる靴選び

膨張職という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、その逆を収縮色といいます。

色にはこの2種類があり、膨張職は実物よりも大きく見せ、収縮色は小さく見せる効果があるのです。白、赤、黄などの暖色は膨張色とされ、黒や青は収縮色に分類されます。

その為、足を小さく見せたいのであれば、収縮色の靴を選ぶことをおすすめいたします。

先の尖った靴と先の丸い靴では、どちらが足を小さく見せると思いますか?

靴だけで比べてみると、先の丸い靴の方が小さく見えるような気がします。しかし実際に履いてみると、先の尖った靴の方が足を小さく見せてくれるのです!

どうしても先の丸い靴を履きたいという場合は、つま先にポイントのあるものを選ぶようにしてください。つま先に目線がいくことで、足全体の大きさがわかりにくくなるからです。

ハイヒール

足をキレイに見せるハイヒールは、足を小さく見せる効果もあります。高いヒールが目の錯覚を起こさせ、足を細く、小さく見せてくれるのです。ヒールの太さも、細いものの方が足を小さく見せてくれます。

しかし毎日履くのは大変なので、ここぞ!という時に履いてみてください。

足の形のタイプや、サイズの測り方について

人の足をじっくり見ることってなかなか無いかと思いますが、指の長さや形などは人によって様々です。

足先の形には、大きく分けで3タイプがあります。

エジプト型・・・親指が一番長い。日本人はこのタイプが一番多い。
ギリシャ型・・・人差し指が一番長い。日本人ではエジプト型の次に多いと言われている。
スクエア型・・・すべての指の長さが揃っている。

ちなみに、ここでいう指の長さというのはそれぞれの指そのものの長さのことではありません。全体を見た時に、どの指が一番出ているかということです。

一般的にエジプト型の人は幅が広く、ギリシャ型の人は幅が狭いと思われています。しかし実際にはエジプト型でも幅が狭い人や、ギリシャ型でも幅が広い人もいます。そういう意味では、もう少しタイプも細かく分類できるかもしれませんね。

また、靴を履く際に足のサイズを確認することはあるかと思いますが、実際に足のサイズを測ったことはありますか?

足のサイズを測る際は、高さ5センチくらいの箱を2つ用意してください。両足に体重を均等にかけ、足の前後に用意した箱をそれぞれ置きます。そしてその箱と箱の長さを測るのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ