生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

足の長い虫たち…できれば目撃したくない!

2017.8.23

足が長い虫って見つけてしまうと「うっ」と思ってしまいますよね?

見た目のグロテスクさに反して実は益虫だとわかったとたん、彼らに対する尊敬の念が生まれそうで生まれません。

ユウレイグモなんて見つけてもそのままになんてアドバイスがありますが私にはちょっと無理ですね…足の長い虫たちをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

車のボンネットから煙が出る原因や対処方法を紹介します

ん?まさかっ!?車のボンネットから煙が出ている?こんなときはいったいどうしたらいいのでしょうか? ...

大相撲を観戦するなら、マナーを守って楽しく見よう!

大相撲観戦というと、あの座布団を投げる光景を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか? しかし...

4ナンバー車を車検に出すときの注意点!タイヤは貨物用タイヤを

車を車検に出して安全に走行できるか検査してもらう時、4ナンバーの車を車検に入れる時は装着しているタイ...

20代後半女性におすすめ!財布を購入・プレゼントするならコレ!

20代後半の女性にぴったりの財布ってどんな物があるのでしょうか? プレゼントするならどんな財布...

三峯神社の奥宮参拝は冬でも楽しめる!冬装備は必須です

三峯神社の奥宮をご存知ですか?最強パワースポットとしても人気のある場所です。 三峯神社の奥宮参...

秋じゃがいもの栽培の仕方や収穫時期について

じゃがいもは、5月下旬~6月上旬の春じゃがいもと11月~12月の秋じゃがいもの年に2回収穫されます。...

運転が苦手な女性は多い!苦手な理由と対処法・克服できる練習法

運転が苦手だという女性は多いものです。できれば自分で運転はしたくない、誰かの助手席で目的地まで行けた...

クォーツ時計と高級機械式時計の違いについてご紹介

クォーツ時計と高級時計に多い機械式の違いについて知っていますか? 今腕時計の中で最多いクォーツ...

車にリアスピーカーは必要?スピーカーを交換する時の注意点

車のリアスピーカーは必要?車の中で音楽を聴くとき、その質にこだわる方も多いのではないでしょうか? ...

早稲田を目指す浪人生に必要な勉強時間とは?偏差値で考えよう

難関私大である早稲田。浪人生は「来年こそは絶対合格したい!」と1年間猛勉強する決意をしていることでし...

韓国と日本の習慣や文化の違いはこんなことろにもありました!

お隣の国「韓国」は、日本と比べると、どのような習慣や文化の違いがあるのでしょうか。 ドラマなど...

韓国人の子供がキムチを食べるのはいつ頃なのかが気になる!

韓国といえばやっぱりキムチ! 大好き!という人もいれば辛いのは苦手・・・という人もいるでしょう。 ...

江戸時代の食事はどんな物?当時の庶民の食生活はこうだった!

江戸時代の庶民の食生活はどんな様子だったのでしょうか? 今の時代は色々な食べ物があり、コンビニ...

車のシガーソケットコンセントでドライヤーは使えるのか!

車のシガーソケットのコンセントを使って、今は携帯の充電ができる時代となりとても便利ですよね。 ...

田舎と都会では結婚が早いのは○○だった!こんな理由が!

田舎と都会では、どちらが結婚しやすいというのはあるのでしょうか? 田舎と都会では結婚に対する意...

スポンサーリンク

足が長いし、ゆらゆら飛ぶ虫「ガガンボ」さんは無害な虫です

蚊を3倍くらい大きくしたあの虫は「ガガンボ」と言います。身体は細い!でも足が異常に長い!!ガガンボが家の中に入り込んでいるのを見つけると「ギョ」っとしてしまいますよね?

ガガンボは『大蚊』と書きますが、蚊のように人間の血を吸ったりしません。幼虫期にイネやムギに悪影響を及ぼすことがありますが、成虫になりノロノロと飛び回っているガガンボは人体や植物に危害を加えることはありません。大きいけれどひ弱な虫のようです。

地域差にもよりますが3月頃から10月頃まで見られます。先ほども言いましたがひ弱な虫のため、殺虫効果のあるスプレーで殺虫できます。家の中への侵入を防ぐには網戸に虫よけ効果のあるスプレーをすることも効果的です。

足の長い虫と言えばよたよた移動する「ザトウムシ」

本能が受け付けない!『ザトウムシ』を見つけてしまった時のざわっと感。『ザトウムシ』は4億年前から生息しているって知ってました?

豆粒のような胴体から長い8本の足がはえていることから「クモ」と思われがちですが厳密には「ダニ」に近い生物で分類は「走脚亜網」となります。

「ザトウムシ」の名のごとく目が見えていません。よって長い脚で周囲を確認しながら移動します。目視によって周囲を確認することができない代わりに触角が発達しているのですね。胴体の大きさは1㎝未満。ですが、雑食で時にはネズミなどの小動物を食すこともあるんですって。おえ~

「ザトウムシ」は乾燥したところが苦手でしっとりとした山の中や日陰でジメジメした雑草地などに生息します。石をひっくり返したらウヨウヨとザトウムシの集団に出くわしたことありませんか?見つけてしまったら不快に思うという攻撃のみで直接的に人に危害を加えることはありませんのでご安心ください。

足が長い!そしてナゼか気持ち悪い「カマドウマ」

「便所コオロギ」なんて呼ばれてしまっている「カマドウマ」こちらも足の長い虫ですね。昆虫の一種です。人に対して害のある虫ではありませんが、脚力が強く、「ぴょーん」と飛ばれると驚き後ずさってしまいますよね。

バッタを素手で捕まえることに抵抗はありませんが、カマドウマを素手でつかむことはできません!なぜでしょう?やはり、見た目がグロテスクなことと「便所」と名が付くだけあってなんだか汚いものと認識してしまっているからなのでしょうか…

カマドウマは生命力が強くゴキブリと同じくらいのしぶとさを持っているようです。カマドウマを発見した時には闘わずに逃げる方がよいのかもしれませんね。映画やドラマで嫌われ役が存在するように昆虫界の嫌われ役と言えばカマドウマの名があげられることは間違えないでしょう。

病弱な感じ?足が長いクモと言えば「ユウレイグモ」

家の中で掃除の行き届かない(行き届きにくい)ホコリが溜まってしまっている場所はありませんか?例えばタンスの裏。本棚の裏。それらが置いてある部屋の隅など…そんな場所に好んで生息する「ユウレイグモ」ゴマ粒のような小さな体に長い脚。半透明な体色ゆえに華奢で弱弱しい雰囲気を醸し出しています。

とっても小さな体ですが、肉食で、ダニやハエなどの小さな虫を食べて生活しています。ですから私たちにとっては益虫と言えます。

でも…家の中で見つけてしまったら「あらっ小さな虫さんの掃除をしてくれてるのね。ありがとう」と思ってそのままにはして置けませんよね…益虫ですので見つけたらホウキなどでつぶさないようにやさしく外へ逃がしてあげましょう。

足が長くて気持ち悪い虫代表は「オオゲジ」

目撃したくない虫№1は「オオゲジ」!通常は3~5cm程度ですが、60㎝ほどのオオゲジも存在するのだとか!ですがオオゲジって益虫なんですって。ゴキブリやシロアリ、ダニなどを食べてくれるんです。

たくさんの足足足…それにその足の長さちょっと長い…色も正直気持ち悪い…でも見つけてしまって不快に思っても「ゴキやダニを食べてくれてる頼れるアニキだ」と思えばその不快感、少しは治まるかもしれませんね。

さてこのオオゲジ、先ほど出てきました「カマドウマ」も食べてしまうようです!カマドウマの強い脚力よりもオオゲジの方が俊敏で高い運動能力があるそうです。あの容姿で俊敏な動き…考えたくありませんね。

人間に攻撃することは少ないようですが、もしも間違って噛まれてしまったら雑菌感染の恐れがあるので注意しましょう。なんとも気持ちの悪い見た目のオオゲジですがゴキブリ退治をしてくれるとなると感じ方が変わってきますね。そうでもないか…

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ