生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

車のオイル交換の費用を抑える方法をお教えします!

2017.8.23

車のオイル交換、費用が気になる所ですよね・・・。

そんなオイル交換の費用を最小限で抑えるテクをご紹介いたします。

またオイル交換の時期や、最適なオイル、オイル交換をしないとどうなるか?などもまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家の電話に非通知電話がくるのはどうして?その真相を追跡!

あなたの家の固定電話に非通知でワンギリしてくることありませんか? その非通知ワンギリが就寝中だ...

月給20万の手取りで結婚はできる?月給20万円の生活とは

結婚を考えているけれど、月給20万ではやっていくことは難しい?月給20万の手取りで結婚をするときには...

梅干しを容器で保存するならガラス製が安心安全!

梅干を保存する時には何に保存しますか?梅干しを入れる容器は、金属製の容器は避けましょう。 なぜ...

夫の小遣いが8万!多いのか少ないのかは年収次第・・・

夫には毎月お小遣いを渡しています、という家庭は多いといいます。 みんなはどのくらいもらっている...

採血される時に1回で終えるコツ!受ける側も気を付けたいこと

病院や健康診断の時にされることが多い採血。 採血を受ける側の血管が細かったり、針を入れると血管...

詰め替えボトルを洗わないとどうなる?雑菌を繁殖させないために

詰め替えをする時は、ボトルを洗って、しっかりと乾かしてから、詰め替えのシャンプーやボディーソープを入...

No Image

雨の日の釣りはアジが釣れるのかメリットや注意点とは

雨の日に釣りをするという人も多いかもしれませんが、アジも雨の日に釣ることができるのでしょうか? ...

旦那の小遣い!その知られざる使い道について徹底調査!

旦那の小遣い。減らしたいけど減らせない。 あいつは一体小遣いを何に使っているのだ!?気になる旦...

ベランダにいる赤いダニを退治しよう!駆除方法について!

よくベランダに発生する赤い小さい虫って小さいけどたくさんいるし気持ち悪いですよね。 この赤い虫...

塩を風呂に入れるとさびの原因になる?注意が必要な点はココ

塩を風呂に入れて発汗効果を促す入浴方法が今話題ですよね。 でもこれってさびの原因にならないのか...

一人暮らしをしていて実家に帰りたいと思う理由

一人暮らしをしていて実家に帰りたいと思っている人は実際どのくらいいるのでしょうか? 実家に帰り...

ラムネはレモネード?お菓子のラムネを英語で言うとこうなる!

子供の頃、誰しも食べた記憶があるお菓子のラムネ。もちろん、ジュースのラムネを模して作られたお菓子なの...

大学の退学理由や書き方など退学届の手続きの仕方はコレ

大学を退学するときに退学届というものを出した方が、社会人になったときののためにも良いそうです。 ...

魚の正しい食べ方!切り身、刺身、煮つけのマナー!

魚を使った料理には切り身、焼き魚、刺身、煮つけなど様々なメニューがあります。 種類も食べ方も豊富な...

カーエアコンがおかしい!コンプレッサーが原因の異音とは

カーエアコンをONにした時、エンジンルームから異音がする場合があります。 異音がエンジンルーム...

スポンサーリンク

車によっても違いが出るオイル交換の費用とは?

・オイル交換にかかる時間
待ち時間を含めなければ、約15~20分程度です。

・予約は必要?
予約をしなくてもOKです。しかし時期によってはタイヤ交換などで混雑している場合も。待ち時間を短縮したい場合は、やはり電話で予約をするのがいいでしょう。

・どこで交換してくれる?
ガソリンスタンド、ディーラー、カー用品店、自動車工場、コックピットのあるホームセンターなどでオイル交換はしてくれます。

・費用はどの位?
オイル交換する場所によっても変わりますし、オイルの質、車に入る量によっても違いがあります。またオイル交換する際に、何か不具合が見つかり他に料金がかかってしまう場合も。オイル交換に行った店舗で料金を聞いてみると良いと思います。また電話でも一般的な料金を教えてもらうことは出来ます。

車のオイル交換の費用を出来るだけ抑える方法

オイル交換の料金を最小限に抑えるにはどうしたらいいのか?
コンスタントに交換が必要なため、出来るだけ安く済ませる事が出来ればうれしいですよね。

どうやったらオイル交換を最安値で行う事が出来るのか?
それは自分で行うのが1番。オイル交換にはオイル代の他に工賃がかかります。整備にかかる工賃って、結構かかっているんですよね・・・。明細を見ると部品代よりも工賃の方が高かったり。仕方がないんですけどね。そこを考えるとやっぱり自分で行うのが一番安いです。オイル代金のみとなります!

気になるのはオイル交換に必要な道具ですよね。
手動式オイルチェンジャーを利用すると、車の整備をしたことがない方でも簡単に済ませる事が出来ますよ。また自分でオイルを用意するので、いいものを安価で購入する事が出来るのも魅力です。ネットで好みのオイルを検索、そして購入する事も!

車のオイル交換、費用と共に気になる交換時期について

オイル交換の金額も気になりますが、交換時期も気になる所ですよね。実は交換時期は車の車種によっても違いがあります。自分の車がどの位でオイル交換をするべきなのかは、車の取扱説明書に書かれていますので確認してみて下さい。

使用頻度、使用状況にも違いが出ますが1年に1度、車の点検と同時にオイル交換をおこなう方が一般的です。走行距離なら1万キロ~1.5万キロが目安と考えて下さい。

ここでなぜオイル交換が必要なのか?
1年に1度とは結構頻繁な交換ですよね。オイルはエンジンの各部を回り、潤滑油の役割を果たします。車を使えば使うほど、その潤滑油は汚れ本来の役割の性能が低下してしまうのです。

例えば燃料が燃焼する時に出る「すす」、金属がこすれ合う時に出てくる金属粉などが汚れる原因となります。オイルが汚れ性能が低下すると燃費が悪くなるだけでなく、各部の故障にもつながります。その為1年に1度程度の交換が必要となるのです。

自分の車にピッタリなエンジンオイルで快適走行!

エンジンオイルを選ぶ時のコツ、知ってますか?とにかく価格が高いものがいい!?粘度の高いものが1番!?それが、そうとも限らないんです。

最適なエンジンオイルとは、自分の車に合ったエンジンオイル!これが1番。自分の車にあったエンジンオイルは、ディーラーの奨めるエンジンオイルです。なぜかと言うと、メーカーが奨めるエンジンオイルはその車が1番いいコンディションを引き出せるように研究されたものだから。

新車のうちはディーラーの奨めるエンジンオイル!これで決まりでしょう。しかし年数や走行距離が進むと、車のコンディションも違いが出始めます。そんな場合は、今まで使っていたものよりも多少粘度の高いものを選んでください。

パワー不足や燃費の悪さを感じたら、オイルがあっていないのかも知れませんよ。オイル交換時期かもしれません。

車のエンジンオイルをそのままにしておくと、どんな現象が起こるのか

交換時期はどの位を目安にしたらよいのかは上記しましたが、オイル交換をしないと車はどうなってしまうのか、エンジンオイルの役割をさらに詳しくご紹介いたします。

エンジンオイルは潤滑油の役割以外にも、エンジン内を冷やす役目を担っていたり、すすや細かいチリなどをからめとってくれる洗浄の役目も果たしています。エンジンオイルを定期的に交換せずに、そのまま使い続けると、ご察しの通りエンジンオイルはドロドロの真っ黒に!

もちろん見た目だけではなく、本来の役割を果たすことも当然できなくなります。エンジンオイルを濾過し、大きな汚れを取る為のフィルターは存在しますが、小さな汚れまでを取る事は出来ません。

家事をする方なら、揚げ物に利用している油をいくら濾しても、使い続けるうちにどんどんと汚れていきますよね。エンジンオイルも同様です。そんなドロドロなオイルがエンジン内を巡っているのですから、燃費やパワー不足だけでなく、エンジンを痛めてしまう事も納得できますよね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ