生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

車のオイル交換の費用を抑える方法をお教えします!

2017.8.23

車のオイル交換、費用が気になる所ですよね・・・。

そんなオイル交換の費用を最小限で抑えるテクをご紹介いたします。

またオイル交換の時期や、最適なオイル、オイル交換をしないとどうなるか?などもまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

味噌汁の美味しい作り方を紹介!簡単に一人分が作れるのは味噌玉

味噌は体にいい食べ物なので、出来れば味噌汁は毎日食べたいものですね。 味噌汁を作ろうと思っても...

アクリルとガラス、水槽を選ぶ場合の基準を教えます!

観賞魚を飼育しようと思ったものの、水槽をアクリルにするかガラスにするか悩む人も多いでしょう。 ...

小麦粉の保存は密封ケースと冷蔵庫で!常温保存は危険です

開封後の小麦粉はどうやって保存していますか? まさか輪ゴムで止めて常温保存? 実はきちんと密封...

灯油のホームタンクは水抜きが必要!そのやり方を徹底解説!

灯油ファンヒーターなどのホームタンク、本格的な冬を迎える前に水抜きをしないとファンヒーター本体が故障...

郵便局の口座を解約したい!手続きの方法や必要書類について

郵便局の口座を解約したいという場合、どのような方法で解約手続きを行えばよいのか気になりますよね。 ...

チャーハンを作る時にはご飯を洗う?美味しいチャーハンの作り方

みんな大好きチャーハンですが、家で作るとどうもべちゃべちゃだったりパサパサすぎたり上手くいかないこと...

ガスコンロの掃除はやっぱり分解掃除が一番綺麗になる!

ガスコンロで色々な調理をしますよね。コンロで色々な物を調理していると、油やソーススープなどが飛び散っ...

No Image

ほうれん草の味噌汁を美味しく食べないならアク抜きは必要です

ほうれん草を味噌汁に入れる場合、アク抜きした方がいいのかどうか迷ってしまいますよね。 そもそも...

ハンバーグをジューシーにしちゃうゼラチンを使ったレシピ

ハンバーグは大人も子供の大好きな料理ですよね。 じゅわっと肉汁溢れるハンバーグはたまりません。...

ペットボトル入りコーヒーの賞味期限。開封後はお早めに!

外出したときに便利なペットボトル入りのコーヒー。キャップの横に賞味期限が記載されています。 買...

梅干しを容器で保存するならガラス製が安心安全!

梅干を保存する時には何に保存しますか?梅干しを入れる容器は、金属製の容器は避けましょう。 なぜ...

新聞の勧誘が悪質!上手な断り方や撃退法について!

新聞の勧誘ってしつこいし悪質だったりしますよね。ぐいぐい来られると本当に困ってしまうものです。 ...

カレーに牛乳を入れて子供用にアレンジ!こんな簡単な方法が

大人も子供も大好きなメニューのカレー。 週末や給料日前はカレーというお家も多いのではないでしょ...

食欲と睡眠欲が止まらないときの対処方法とは

食欲や睡眠欲が止まらないのはどんなことが原因なのでしょうか? ついつい食べてしまう、どうしても...

一人暮らしで実家の近く住むとこんないい事もあります

一人暮らしをしたいけれど不安!という方は、まずは実家の近くから始めてみるのはどうでしょうか?こんなメ...

スポンサーリンク

車によっても違いが出るオイル交換の費用とは?

・オイル交換にかかる時間
待ち時間を含めなければ、約15~20分程度です。

・予約は必要?
予約をしなくてもOKです。しかし時期によってはタイヤ交換などで混雑している場合も。待ち時間を短縮したい場合は、やはり電話で予約をするのがいいでしょう。

・どこで交換してくれる?
ガソリンスタンド、ディーラー、カー用品店、自動車工場、コックピットのあるホームセンターなどでオイル交換はしてくれます。

・費用はどの位?
オイル交換する場所によっても変わりますし、オイルの質、車に入る量によっても違いがあります。またオイル交換する際に、何か不具合が見つかり他に料金がかかってしまう場合も。オイル交換に行った店舗で料金を聞いてみると良いと思います。また電話でも一般的な料金を教えてもらうことは出来ます。

車のオイル交換の費用を出来るだけ抑える方法

オイル交換の料金を最小限に抑えるにはどうしたらいいのか?
コンスタントに交換が必要なため、出来るだけ安く済ませる事が出来ればうれしいですよね。

どうやったらオイル交換を最安値で行う事が出来るのか?
それは自分で行うのが1番。オイル交換にはオイル代の他に工賃がかかります。整備にかかる工賃って、結構かかっているんですよね・・・。明細を見ると部品代よりも工賃の方が高かったり。仕方がないんですけどね。そこを考えるとやっぱり自分で行うのが一番安いです。オイル代金のみとなります!

気になるのはオイル交換に必要な道具ですよね。
手動式オイルチェンジャーを利用すると、車の整備をしたことがない方でも簡単に済ませる事が出来ますよ。また自分でオイルを用意するので、いいものを安価で購入する事が出来るのも魅力です。ネットで好みのオイルを検索、そして購入する事も!

車のオイル交換、費用と共に気になる交換時期について

オイル交換の金額も気になりますが、交換時期も気になる所ですよね。実は交換時期は車の車種によっても違いがあります。自分の車がどの位でオイル交換をするべきなのかは、車の取扱説明書に書かれていますので確認してみて下さい。

使用頻度、使用状況にも違いが出ますが1年に1度、車の点検と同時にオイル交換をおこなう方が一般的です。走行距離なら1万キロ~1.5万キロが目安と考えて下さい。

ここでなぜオイル交換が必要なのか?
1年に1度とは結構頻繁な交換ですよね。オイルはエンジンの各部を回り、潤滑油の役割を果たします。車を使えば使うほど、その潤滑油は汚れ本来の役割の性能が低下してしまうのです。

例えば燃料が燃焼する時に出る「すす」、金属がこすれ合う時に出てくる金属粉などが汚れる原因となります。オイルが汚れ性能が低下すると燃費が悪くなるだけでなく、各部の故障にもつながります。その為1年に1度程度の交換が必要となるのです。

自分の車にピッタリなエンジンオイルで快適走行!

エンジンオイルを選ぶ時のコツ、知ってますか?とにかく価格が高いものがいい!?粘度の高いものが1番!?それが、そうとも限らないんです。

最適なエンジンオイルとは、自分の車に合ったエンジンオイル!これが1番。自分の車にあったエンジンオイルは、ディーラーの奨めるエンジンオイルです。なぜかと言うと、メーカーが奨めるエンジンオイルはその車が1番いいコンディションを引き出せるように研究されたものだから。

新車のうちはディーラーの奨めるエンジンオイル!これで決まりでしょう。しかし年数や走行距離が進むと、車のコンディションも違いが出始めます。そんな場合は、今まで使っていたものよりも多少粘度の高いものを選んでください。

パワー不足や燃費の悪さを感じたら、オイルがあっていないのかも知れませんよ。オイル交換時期かもしれません。

車のエンジンオイルをそのままにしておくと、どんな現象が起こるのか

交換時期はどの位を目安にしたらよいのかは上記しましたが、オイル交換をしないと車はどうなってしまうのか、エンジンオイルの役割をさらに詳しくご紹介いたします。

エンジンオイルは潤滑油の役割以外にも、エンジン内を冷やす役目を担っていたり、すすや細かいチリなどをからめとってくれる洗浄の役目も果たしています。エンジンオイルを定期的に交換せずに、そのまま使い続けると、ご察しの通りエンジンオイルはドロドロの真っ黒に!

もちろん見た目だけではなく、本来の役割を果たすことも当然できなくなります。エンジンオイルを濾過し、大きな汚れを取る為のフィルターは存在しますが、小さな汚れまでを取る事は出来ません。

家事をする方なら、揚げ物に利用している油をいくら濾しても、使い続けるうちにどんどんと汚れていきますよね。エンジンオイルも同様です。そんなドロドロなオイルがエンジン内を巡っているのですから、燃費やパワー不足だけでなく、エンジンを痛めてしまう事も納得できますよね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ