生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

歯医者に電話で予約するときに緊張しない方法

2017.8.22

歯医者に電話で予約するときに緊張してしまうという方はいませんか?

でも、歯が痛い時は歯医者が行かないで放っておいても治りません。

そこで、歯医者に電話で予約するときに緊張しない方法についてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

精神障害者手帳の申請が通らない!申請に必要な条件と対象の疾患

精神疾患で通院をしている時、精神障害の方の自立や坂井参加を促す目的で発行される精神障害者手帳。 ...

社会人の休日に密着!実家での生活の実態とは

社会人になったのをきっかけに一人暮らしを始める?それともそのまま実家で暮らす? 一人暮らしも魅力的...

水槽をリセットする方法!コケの発生を抑える注意点と掃除方法

水槽内がコケでいっぱい!思わず水槽の中すべてをリセットしたい!と思う人も多いのではないでしょうか。 ...

ガーデニングの雑貨をDIYしよう!意外と簡単ですよ!

庭やベランダが緑やお花やかわいい雑貨や小物、ウッドフェンスなどで飾られているのは、華やかで癒されます...

ボーナスを新入社員は貰えるの?いつから本採用かで決まる

新入社員はいつからボーナスを貰うことができるのでしょうか? 4月に入社をして、ほとんどの企業は...

カレーに牛乳を入れて子供用にアレンジ!こんな簡単な方法が

大人も子供も大好きなメニューのカレー。 週末や給料日前はカレーというお家も多いのではないでしょ...

夏は蒸し暑くなる部屋で、湿度を下げて快適に過ごす方法をご紹介

夏は温度だけでなく部屋の湿度も上がり、蒸し暑くてイヤな気持ちになりますよね・・・。 どうすれば...

塩を風呂に入れるとさびの原因になる?注意が必要な点はココ

塩を風呂に入れて発汗効果を促す入浴方法が今話題ですよね。 でもこれってさびの原因にならないのか...

パンの発酵が上手く行かないと、膨らまないパンが出来る!

パンを作る時、発酵してる時の膨らみを見るのって楽しいですよね。 でも上手く膨らまない時も・・・...

カーエアコンがおかしい!コンプレッサーが原因の異音とは

カーエアコンをONにした時、エンジンルームから異音がする場合があります。 異音がエンジンルーム...

ご飯の冷凍の期限や保存方法を知りたい!美味しく食べれる解凍のコツ!

ご飯を炊いたけど、余ってしまい冷凍することはありませんか? 冷凍する時に、ちょっとしたことに気...

部屋の湿度の平均は?湿度を上手にコントロールしよう!

部屋の湿度の平均ってどの位?適した湿度は私たちの健康にも大きく関係しているようです。 また湿度...

料理のメニューの決め方は?献立に悩む主婦の方へのアドバイス

毎日の献立のメニューに頭を悩ませる主婦の方はとても多いと思います。 栄養のバランスを考え、家族...

部屋へ虫を侵入させない!防ぐ方法は網戸の張替やスプレーで!

部屋に虫が侵入してくる!暑さに加えて虫にもイライラする季節がやってきました。 虫が入ってくる場...

お弁当のおかずが悩み。高校男子のお弁当は○○が人気!

幼稚園の頃のお弁当は見た目も可愛く食べてもらえる物にしていたけれど・・・。 高校生の男子にはど...

スポンサーリンク

歯医者が苦手で予約の電話をする時に緊張してしまう!

歯医者が苦手な人は、歯が痛くてもすぐに歯医者に行けない人が多いようです。そして、あまりにも痛くて、もうこの痛みに耐えられないと判断したときに、やっとの思いで歯医者に行く決断をします。しかし、いざ歯医者に行こうと思っても、その恐怖心でなかなか予約の電話ができないことが多いのです。

歯医者の予約の電話の時点ですでに緊張してしまいます。でも、歯の痛みはそのまま放置していてもひどくなる一方ですよね。そう思い、勇気を出して、発信ボタンを押します・・・

受付のお姉さんが出たら、ずっと放置していた虫歯のことを伝えましょう。そして、とにかく歯医者が怖いということも伝えましょう。

予約の電話が済むと、今度は歯医者までの待ち時間が恐怖でたまらないかもしれません。今すぐ逃げ出したくなってしまうかも・・・そんな時は、そのことを忘れられるように、お友達に電話をしてみたりして気を紛らせるのが良いかもしれません。

歯医者に予約の電話をするのが嫌ならネットがおすすめ!

歯医者は基本的には予約制のところが多いです。それは、一人一人の患者さんの治療に十分時間を取ることができるためです。また、予約をすることのメリットとしては、待ち時間も少なくなりますし、事前にあなたの症状を伝えることで歯医者さんはすぐにその対応の準備ができるのです。

歯医者の予約はできるだけ1~2週間前くらいには入れるようにしましょう。当日に予約しようと思っても、すでに予約で埋まってしまっていることもありますので気を付けましょう。

もし、電話での予約をするのが苦手という方は、インターネットでも予約をすることができる歯医者もありますよ!自分の症状を電話で説明することができないという方も、インターネットでの予約であればゆっくりと症状を書き込むことができるので便利です。

歯医者の予約の電話で緊張しないためのコツ

歯医者の予約の電話で緊張しないためには、まずは何を伝えるべきか事前に考えておきましょう。歯医者の予約で、まず歯医者さんが知りたいのはその医院にかかるのが初めてかどうかということです。もし過去にもそこの医院で受診したことがあれば、カルテのデータが残っているからです。

カルテのデータはどの医院でも今はコンピュータによって管理されています。そして、それがあればあなたの治療の参考にもなるのです。ですから、初診の予約なのか、再診の予約なのかを必ず伝えましょう。

それから、希望する日にちや時間ですが、できればピンポイントで日にちを決めてお願いするのはやめましょう。すでに予約で埋まっていることも考えられるので、だいたいどの辺りが良いかいくつか候補を決めておくと良いですね。

次に、症状についてですが、いつ頃から、どのあたりが、どんな痛みなのか具体的に伝えられるように考えておくと良いでしょう。お子さんの場合でしたら、これまで歯の治療をしたことがあるかどうかなども伝えると良いですね。

歯医者に行って、緊張しないようになるポイントとは

どうしても、歯医者に行くのが緊張するという方は、少しずつ歯医者に慣れるのも良いでしょう。

例えば、歯科検診を受けてみるのはいかがでしょうか。歯科検診は、保険治療にもなりますし、歯のレントゲンを撮影してみたり、自分の口の中の状態をチャックしてもらうことができます。

そして、その中ですぐに治療した方が良い歯やすぐに治療しなくても良い歯などを判断してもらいましょう。いきなり治療に行くのは怖いですからね。また、歯医者さんでは緊張してしまうという方は、まずは歯科衛生士にクリーニングしてもらい歯科に慣れるといいですね。

痛みを感じたときに、痛いと伝えることができないときは左手を挙げてアピールするといいですよ。無痛治療を目指している歯科医院も多いですので、痛みを感じるときは我慢せずに伝えるようしましょう。

電話で緊張しているのは、受付の歯科助手も同じ!?

歯医者の予約の電話で緊張しているのは、あなただけではないのです。実は、その予約の電話を受けている歯科助手も同じように緊張しているのです。電話って、「声」だけが頼りになります。ですから、対面の受付業務と違って、より気を遣うのです。

自分のわからないことを聞かれないだろうか、緊張で言葉遣いはおかしくなってはいないだろうか、聞き間違いはしないようにと、とても注意しているのだとか。そう思うと、歯医者に予約の電話をかけるのも少し気が楽になってきませんか?きっと、受付の電話は明るくハキハキと対応してくれることでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ