生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

歯医者に電話で予約するときに緊張しない方法

2017.8.22

歯医者に電話で予約するときに緊張してしまうという方はいませんか?

でも、歯が痛い時は歯医者が行かないで放っておいても治りません。

そこで、歯医者に電話で予約するときに緊張しない方法についてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ラムネはレモネード?お菓子のラムネを英語で言うとこうなる!

子供の頃、誰しも食べた記憶があるお菓子のラムネ。もちろん、ジュースのラムネを模して作られたお菓子なの...

部屋の湿度は何%程度が最適?湿度が高すぎ・低すぎで弊害も

部屋の温度は暑い、寒いと感じて調節しますが、湿度は意外と気にしていないかも。 最適に感じる湿度...

車のエンジンから聞こえるキュルキュル音の原因と対処法とは

車を運転している時にエンジンルームからキュルキュル音が聞こえると「故障かな?」と心配になりますよね。...

フロントガラスの傷を磨き、直したい…その方法を紹介!

フロントガラスに傷が・・・ワイパーで傷がついたり、車の雪を落とす時に傷がついてしまった事はありません...

No Image

雨の日の釣りはアジが釣れるのかメリットや注意点とは

雨の日に釣りをするという人も多いかもしれませんが、アジも雨の日に釣ることができるのでしょうか? ...

失敗しないハンバーグ作り!肉汁逃さないゼラチンがポイント

ハンバーグは簡単なようで、上手に焼くのが難しい料理ですよね。肉汁が逃げてパサパサになってしまうのはあ...

旦那の手取りが少ないならココを見直そう!節約術をご紹介

旦那の手取りが少ないときには、どこを削ればいいの?もう、どこを節約すればいいのかわからない!という人...

キャベツチャーハンを卵なしで作ろう!そのコツを教えます

冷蔵庫に残っているキャベツを使ったチャーハンっておいしいですよね。 チャーハンに欠かせないもの...

にんにくとオリーブオイルを使った料理!レシピもご紹介!

にんにくとオリーブオイルを使った料理と言えば何を思い浮かべますか? アヒージョやパスタ…思い浮...

食欲と睡眠欲が止まらないときの対処方法とは

食欲や睡眠欲が止まらないのはどんなことが原因なのでしょうか? ついつい食べてしまう、どうしても...

春は風が強いのはなぜ?実は秋よりも強風の日が多い!

風が強いと言えば秋や冬の寒い季節を想像すると思います。 ですが実際には強い風が吹くことが多い季節良...

夏は自然の癒しが欲しい!おすすめ夏の自然スポットをご紹介

夏は自然に溶け込み日頃の疲れから解放されたい!そんな風に感じることはありませんか? 夏の自然の癒し...

クッキーを食べるなら手作りでカロリー控えめレシピ

クッキーはバターが香り、サクサクと美味しくて、よく口にすることが多いお菓子だと思います。 しか...

カレーの保存方法で鍋ごとでもできる注意点やポイント

カレーってたくさん作って何度でも楽しみたいという人も多いのではないでしょうか? では、余ったカ...

水槽をリセットする方法!コケの発生を抑える注意点と掃除方法

水槽内がコケでいっぱい!思わず水槽の中すべてをリセットしたい!と思う人も多いのではないでしょうか。 ...

スポンサーリンク

歯医者が苦手で予約の電話をする時に緊張してしまう!

歯医者が苦手な人は、歯が痛くてもすぐに歯医者に行けない人が多いようです。そして、あまりにも痛くて、もうこの痛みに耐えられないと判断したときに、やっとの思いで歯医者に行く決断をします。しかし、いざ歯医者に行こうと思っても、その恐怖心でなかなか予約の電話ができないことが多いのです。

歯医者の予約の電話の時点ですでに緊張してしまいます。でも、歯の痛みはそのまま放置していてもひどくなる一方ですよね。そう思い、勇気を出して、発信ボタンを押します・・・

受付のお姉さんが出たら、ずっと放置していた虫歯のことを伝えましょう。そして、とにかく歯医者が怖いということも伝えましょう。

予約の電話が済むと、今度は歯医者までの待ち時間が恐怖でたまらないかもしれません。今すぐ逃げ出したくなってしまうかも・・・そんな時は、そのことを忘れられるように、お友達に電話をしてみたりして気を紛らせるのが良いかもしれません。

歯医者に予約の電話をするのが嫌ならネットがおすすめ!

歯医者は基本的には予約制のところが多いです。それは、一人一人の患者さんの治療に十分時間を取ることができるためです。また、予約をすることのメリットとしては、待ち時間も少なくなりますし、事前にあなたの症状を伝えることで歯医者さんはすぐにその対応の準備ができるのです。

歯医者の予約はできるだけ1~2週間前くらいには入れるようにしましょう。当日に予約しようと思っても、すでに予約で埋まってしまっていることもありますので気を付けましょう。

もし、電話での予約をするのが苦手という方は、インターネットでも予約をすることができる歯医者もありますよ!自分の症状を電話で説明することができないという方も、インターネットでの予約であればゆっくりと症状を書き込むことができるので便利です。

歯医者の予約の電話で緊張しないためのコツ

歯医者の予約の電話で緊張しないためには、まずは何を伝えるべきか事前に考えておきましょう。歯医者の予約で、まず歯医者さんが知りたいのはその医院にかかるのが初めてかどうかということです。もし過去にもそこの医院で受診したことがあれば、カルテのデータが残っているからです。

カルテのデータはどの医院でも今はコンピュータによって管理されています。そして、それがあればあなたの治療の参考にもなるのです。ですから、初診の予約なのか、再診の予約なのかを必ず伝えましょう。

それから、希望する日にちや時間ですが、できればピンポイントで日にちを決めてお願いするのはやめましょう。すでに予約で埋まっていることも考えられるので、だいたいどの辺りが良いかいくつか候補を決めておくと良いですね。

次に、症状についてですが、いつ頃から、どのあたりが、どんな痛みなのか具体的に伝えられるように考えておくと良いでしょう。お子さんの場合でしたら、これまで歯の治療をしたことがあるかどうかなども伝えると良いですね。

歯医者に行って、緊張しないようになるポイントとは

どうしても、歯医者に行くのが緊張するという方は、少しずつ歯医者に慣れるのも良いでしょう。

例えば、歯科検診を受けてみるのはいかがでしょうか。歯科検診は、保険治療にもなりますし、歯のレントゲンを撮影してみたり、自分の口の中の状態をチャックしてもらうことができます。

そして、その中ですぐに治療した方が良い歯やすぐに治療しなくても良い歯などを判断してもらいましょう。いきなり治療に行くのは怖いですからね。また、歯医者さんでは緊張してしまうという方は、まずは歯科衛生士にクリーニングしてもらい歯科に慣れるといいですね。

痛みを感じたときに、痛いと伝えることができないときは左手を挙げてアピールするといいですよ。無痛治療を目指している歯科医院も多いですので、痛みを感じるときは我慢せずに伝えるようしましょう。

電話で緊張しているのは、受付の歯科助手も同じ!?

歯医者の予約の電話で緊張しているのは、あなただけではないのです。実は、その予約の電話を受けている歯科助手も同じように緊張しているのです。電話って、「声」だけが頼りになります。ですから、対面の受付業務と違って、より気を遣うのです。

自分のわからないことを聞かれないだろうか、緊張で言葉遣いはおかしくなってはいないだろうか、聞き間違いはしないようにと、とても注意しているのだとか。そう思うと、歯医者に予約の電話をかけるのも少し気が楽になってきませんか?きっと、受付の電話は明るくハキハキと対応してくれることでしょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ