生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

韓国では大丈夫!?入国審査トラブルになる「カラコン」について

2017.8.22

最近は、若い女性の間などで「カラコン」をしている人が増えていますよね。

では、その「カラコン」での入国審査のトラブルがあるのをご存知でしょうか?

そこで、若い女性にも人気の韓国での入国審査トラブルについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

原子と分子。知っているようで知らない!違いを考えよう

「原子」や「分子」という単語はよく耳にしていても、その違いをきちんと理解しているでしょうか? ...

保健所で血液型検査をする時の費用をご紹介!

今って子供を出産してもすぐには血液型を調べる血液検査をしないのが一般的です。 血液型の検査は保...

オートマ車のエンジンブレーキの使い方のコツと注意点

オートマ車に乗っているみなさん、普段エンジンブレーキを使いこなしていますか? エンジンブレーキ...

夢を見る意味について。見る夢は何を伝えようとしているのか

夢を見る意味について、考えたことありますか? 夢を見ない人間はいません。 夢を見ないと思って...

非通知でかかってくる電話番号を調べる方法はある?

非通知で電話がかかってくることがありますが、電話番号を調べる方法はないのでしょうか? 夜中にか...

田舎と都会では結婚が早いのは○○だった!こんな理由が!

田舎と都会では、どちらが結婚しやすいというのはあるのでしょうか? 田舎と都会では結婚に対する意...

ライブグッズは何時間前に並んで買う?気になる疑問を解決!

好きなアーティストのライブに行ったらグッズを買いたいですよね。人気のあるグッズは売り切れてしまうこと...

東京でのセレブ生活に憧れる!どのような人達がなれるのかを調査

東京に住んでいるセレブに憧れる女性もいらっしゃいますよね。 しかしセレブな生活するには、どのく...

ブラックホールとホワイトホールの違いとは?宇宙の神秘について

「ブラックホール」という言葉を聞いたことがありますよね。 しかし宇宙には「ホワイトホール」とい...

地球の温暖化は嘘だった?そう言われる原因を徹底調査!

異常気象のニュースが流れるたびに囁かれる「地球の温暖化」。でもこれが嘘ではないか?と一部でウワサにな...

新幹線の乗車券確認がなくなった?紛失した場合の対策も!

新幹線でよく見かけるのが乗車券の確認。 でもその確認が終了したっていうウワサを耳にしました。 ...

運転免許試験の合格率とは?一発試験や合宿免許についても解説

運転免許をこれから取得しようと考えている人にとって、試験は難しいのか、合格率はどのくらいなのか気にな...

江戸時代の食事はどんな物?当時の庶民の食生活はこうだった!

江戸時代の庶民の食生活はどんな様子だったのでしょうか? 今の時代は色々な食べ物があり、コンビニ...

車にリアスピーカーは必要?スピーカーを交換する時の注意点

車のリアスピーカーは必要?車の中で音楽を聴くとき、その質にこだわる方も多いのではないでしょうか? ...

小学校のプール授業、実施の決め手は水温+気温が基準

季節になると小学校のではプール授業が行われますよね。大人からすると、プールにはちょっと気温や水温が低...

スポンサーリンク

韓国などの入国審査でのトラブルになる「カラコン」

近頃は、つけまつげをバッチリつけて、カラーコンタクトを装着した、しっかりアイメイクの若い女性が多いですよね。

今流行のカラーコンタクト(カラコン)とは、黒目を多くしたりすることで目を大きく見せたりと、それを付けてないときの顔ではまるで別人のようになります。人間の顔とは、目元の印象がとても重要ですよね。しかし、海外旅行などに行った際に、出入国審査を受けるでしょう。

その時、パスポートの写真の顔と、実際の顔があまりにも違う印象の場合は、いろいろとしつこく質問などをされたりして時間がかかることがあるのです。女性のメイクは、メガネを外したり、帽子を取ったりするだけとは違うので、説明に手間がかかってしまうのだとか。海外に行く際には、飛行機の中だけでもメイクを薄くしている方が余計なトラブルにならずに済むかもしれませんね。

韓国の入国審査でカラコンをつけていても大丈夫!?

では、韓国の入国審査でカラコンをつけていたらどうなってしまうのでしょうか?やはり何かしら疑われたり、質問されたりすることを覚悟で臨むということでしょうか。人によっては何もなく普通に審査が通ったという方もいるようです。

しかし、もしも止められたり、トラブルになるようなことがあれば、別室で厳重審査になったときにカラコンを外せばよいでしょう。

でも、そのような怖い思いをするかもしれないというリスクを背負ってまでカラコンを付けるべきでしょうか?カラコンを付けたまま入国審査に望むということはそういうことなのです。

ですから、はじめからそのような心配がある場合は、面倒でも空港だけでも外しておく方が良いのではないでしょうか。ちなみに、12月に韓国に行ったときに、マスクはもちろん、耳あてやマフラーも外すように言われたという方もいるみたいですよ。

カラコンつけたまま韓国の入国審査を受けてみました!

カラコンつけたまま韓国の入国審査を受けたという方に話を聞いてみました。韓国まではだいたい2時間くらいで着くので、化粧もそのままで、もちろんカラコンも付けたままだったそうです。ちなみに、この方はこれまでも入国審査をカラコンを外して受けたことはないようです・・・でも、コンタクトをしているのか?という質問を受けたことは一度もないのだとか。

ただ、質疑応答はなかったけれど、何も言わずジェスチャーにより指紋など指示されたそうです。やはり、なんらかは疑われてしまうのかもしれませんね。ただ、太ったり、痩せたりすのも当然あることです。パスポートの写真と変わらずに5年も10年も居られる方がなかなか難しいのではないでしょうか。カラコンに関しては、事前に防ぐこともできますので、その時だけでも外してみるのを考えてみてはいかがでしょうか。

「カラコン」はパスポート申請の際の注意事項にも!

パスポートを申請する際の注意事項に、カラーコンタクトなどを装着した方のパスポート申請(写真)の取扱いに対する項目があるようです。それには、やはりカラーコンタクトを外した状態で撮影した写真を持参するようにとあります。

もし、カラーコンタクトを装着したままの写真の場合は、撮り直しになるそうです。これは、渡航先の出入国検査において、瞳の色というのは重要な識別のポイントになるためなのです。

ただし、色なしのコンタクトレンズで瞳の輪郭を強調するものに関しては、パスポート用の写真として使用できるそうです。これは、瞳の色は変わらずに、瞳だけが大きく見えて印象的になる効果のあるものです。

これまでそのようなコンタクトレンズの使用による出入国検査において、トラブルが発生したという報告はないようです。しかし、もしも渡航先の出入国検査において、そのコンタクトレンズの使用によって質問などを受けたときは自己責任になってしまいます。

韓国の入国審査について

入国審査とは、普通に旅行するのであれば、それほど問題はありません。まずは、外国の空港に着いたら、入国審査を受けます。韓国であれば、仁川国際空港ですね。搭乗客は一人ずつ審査を受けるため、順番に並びます。

例えば、短期間の韓国旅行であれば、その旅行の目的を日本語で聞かれることがあるでしょう。その時は、「観光」と伝えれば良いでしょう。何も聞かれない場合は、ただ黙ってパスポートにスタンプを押してくれます。

また、韓国に限らず、入国手続きカードというものの記入もあります。飛行機の中で記入したり、旅行会社から事前に送られてきて、出発前に自宅で記入する場合もあります。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ