生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

除湿機を使わず室内をカラっとさせるには?除湿する方法を紹介

2017.8.21

じめじめした室内は気分もなんだか、どんよりしてしまいますね。

エアコンや除湿機を使わないで、除湿する方法にはどんなものがあるのでしょうか?エアコンをつける前に湿気を逃がすことで節約にもなりますよ。

気になる除湿方法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

包丁の使い方のコツを知って料理上手になろう!

包丁の使い方を間違っていませんか? 包丁は使い方一つで食材の味や見た目も違います。 包丁の使...

ホイップクリームの作り方はミキサーなしでも大丈夫!

お菓子作りに欠かせないホイップクリームですが、ハンドミキサーで泡立てるという方が多いと思います。 ...

テンピュールの枕は洗濯できない?お手入れ方法について

柔らかく寝心地がいいテンピュールの枕を使っている人も多くいると思います。 ですが、テンピュール...

ポロポロ・ネチャネチャになったポリウレタンの劣化補修について

ポリウレタンは劣化するの知っていますか?劣化してしまった製品は補修不可能なのでしょうか? 元通...

ワンピースとドレスは何が違うの?フォーマルとカジュアルの違い

ワンピースが好きで、普段からワンピースを着ているという女性もいますよね。 それがドレスになると...

フライパンの焦げが外側!?頑固な汚れはこうやって落とそう

フライパンにつく焦げ、しかも外側につく汚れや焦げはなかなか落ちません・・・。 でもそんな焦げを...

親と同居するときの生活費の分担についてご紹介します!

親と同居している人は生活費をどのように分担していますか? また家事の分担なども考えなくてはいけ...

歯医者に電話で予約するときに緊張しない方法

歯医者に電話で予約するときに緊張してしまうという方はいませんか? でも、歯が痛い時は歯医者が行...

家の電話に非通知電話がくるのはどうして?その真相を追跡!

あなたの家の固定電話に非通知でワンギリしてくることありませんか? その非通知ワンギリが就寝中だ...

梅干しを容器で保存するならガラス製が安心安全!

梅干を保存する時には何に保存しますか?梅干しを入れる容器は、金属製の容器は避けましょう。 なぜ...

ハンバーグをジューシーにしちゃうゼラチンを使ったレシピ

ハンバーグは大人も子供の大好きな料理ですよね。 じゅわっと肉汁溢れるハンバーグはたまりません。...

ペットボトル入りコーヒーの賞味期限。開封後はお早めに!

外出したときに便利なペットボトル入りのコーヒー。キャップの横に賞味期限が記載されています。 買...

コバエが大量発生して窓が開けられなくなる前にやること

コバエが大量発生していた経験ありませんか?大量に発生していたら窓もあけれない状態になりますよね。 ...

住民票の移動が必要な理由とは?手続きしないと罰金の可能性も

引越しをすると色々な手続きが必要になるため、とても面倒に感じますよね。 住民票の移動もしなければな...

夏に長ズボンは暑い!?少しでも快適に過ごせる工夫をご紹介

夏に長ズボンは暑い!と敬遠していませんか? 照り返しが強いアスファルトの上では、意外に長ズボン...

スポンサーリンク

除湿機以外で室内の湿度を下げる方法は?

まずは、なんといっても窓を開ける!につきます。当たり前のことに思いますが、換気方法にもコツがあるんです。空気を流して外に出すだけで湿度が下がることもあります。雨が降っているときは逆効果になってしまいますが・・・。曇りの日、晴れている日はぜひ換気してください。

換気の方法ですが、できれば対角線上に窓を開けるといいでしょう。一か所だけ窓を開けても、空気の流れは弱いです。他の部屋の窓やドアも開けることで空気の流れが大きくなります。空気の入り口となる窓は15cmくらい、出口となるほうは全開にするといいそうです。

このときに、扇風機を使うとさらに快適にできます。扇風機の風量を最大にして、テーブルの上など天井に近い位置に置いてください。首を上に向け、天井に向けて回すことで部屋の空気を循環させ、湿気を逃がすことができます。
室内に湿気があるのは、もしかしたら台所やお風呂が原因かもしれません。押し入れや下駄箱なども湿気が貯まりやすい場所なのでお天気の日は台所の棚や玄関の靴箱の棚を開けて家の中を換気させてあげるといいかもしれません。

除湿機を使わず室内を過ごしやすくしてくれるアイテム

家にあるアイテムで湿気を下げるアイテムといえば「新聞紙」

紙の中でも新聞紙はとくに表面に細かい凹凸があるので、湿気を吸い取ってくれます。この新聞紙は、置いておくだけでもいいのですが一度手でくしゃくしゃにしてあげるともっと表面積を増やすことができるのでぜひ、試してみてください。押入れの中、台所のシンク下の隙間、家具の後ろなどに入れて時々取り換えましょう。

お掃除だけじゃない湿気にも使える「重曹」

重曹は、室内の湿気を取ってくれるだけでなく嫌な臭いも取ってくれるすぐれものです。空き瓶に重曹を入れて、蓋をしないで置いておくだけでOK!なるべく低い位置に置くことがポイントです。湿気を吸った重曹は固くなります。その固まった重曹は磨き粉としてお掃除に使えるので捨てずに再利用できますよ。

インテリアにもなる「木炭」

木炭もまた湿気や臭いを取ってくれる優れものです。木炭のすごいところは、湿気が多い時には湿気を吸い込んで木炭の中にため込み湿気が少なくなると湿気を吐き出して空間の湿度を一定に保とうとしてくれるのです。カビ対策にもなりますよ。湿気やニオイを吸わなくなってきたら、天日干しをすれば効果が戻るのでおすすめなアイテムと言えます。

室内の除湿をする前に気をつけておきたい事

除湿機を使わなくてはいけないのは、梅雨のせいだけとは限りません。私たちが生活をしているだけで湿度を上げている行動にはどんなものがあるのでしょうか?

お風呂の湿気を取るためにドアを開けっぱなしにしておいてはいませんか?確かに、お風呂がカビてしまうのは嫌ですよね。だからといって、お風呂のドアを開けっぱなしにしてしまうとお風呂の湿気が他の部屋に流れてしまいます。まずはお風呂の換気扇を回し、ドアはしめほどよく湿気が外にでたらお風呂のドアを開けるといいでしょう。

また、料理をするときに換気扇を回さないと湯気という名の湿気が部屋に回ってしまいます。換気扇を回すことで部屋に湿気がいくことを防げます。

冬には加湿器にもなる、観葉植物は夏の湿気の原因になってしまいます。冬は寝室やリビングに、夏は玄関やお風呂に置いてあげるといいでしょう。毎日のようにする洗濯ものも、室内の湿度をあげる原因です。洗濯物はお風呂場に干す、乾燥機を利用することでじめじめを防げます。

家や室内の湿気対策は除湿機だけじゃない!

エアコンのドライ機能や換気プラス、扇風機もいいですが他にはどんなアイテムがおすすめなのでしょうか?じめじめした湿気は、快適な睡眠の妨げになりますよね。そんなときに役立つのが除湿マット。湿気の多い時期ではなくとも、人は寝ている間にも汗をかくので除湿マットを布団やベットに敷くだけでサラッとした寝心地の良いものとなるでしょう。布団乾燥機なども使うと、お布団の湿気を取ってくれます。

お布団をしまうときは、押し入れの中に「すのこ」を置くだけで湿気やカビ予防になります。使わない布団はよく乾かし、圧縮袋に入れるのもおすすめです。

湿気が気になる場所と言えば、玄関ではないでしょうか?しかも臭いも気になりますよね。そんな玄関には靴箱の中に除湿シートを敷くだけで湿気を予防してくれます。お天気の日に干せば繰り返し使えるものもあるのでぜひ、利用してみてはいかがでしょうか?

これで除湿機いらず!?室内の湿度を下げる魔法のペットボトル

除湿機はなくても冷蔵庫がないお家は少ないのではないでしょうか?冷蔵庫(冷凍庫)とペットボトルと受け皿さえあれば、お手軽に除湿することができるのです。

ペットボトル、2リットルでも500ミリリットルでもどんなものでもいいです。このペットボトルに8分目程度まで水を入れて冷凍庫で凍らせるだけで簡単除湿機のできあがりです。飲み物の入ったコップやペットボトルに水滴がついて濡れるのは、空気中の水分が冷たい飲み物に冷やされて水滴に戻るためです。この空気中の水分を取り出すことで室内の除湿ができるのです。受け皿の上に凍らせたペットボトルをおくだけで簡単除湿機の完成。

凍らせたペットボトルは約1時間くらいで、水滴がついてきて水たまりができるでしょう。その水を置いておかず、捨てることがポイントです。2リットルのペットボトルを夜に置いておけば、朝方にはかなり除湿できているようです。市販の除湿剤に負けないくらい除湿できるのだとか。見た目も涼しく、子どもにも安心なのでぜひ試してみてくださいね。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ