生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

おいしいコーヒーの入れ方を伝授!素敵なコーヒータイムにする方法!

2017.8.21

みなさんおいしいコーヒーのいれ方って知っていますか?

あのお店のように自宅でもおいしいコーヒーが飲めたら良いですよね!

そこで今回コーヒー好きの方必見!おいしいコーヒーのいれ方に注目してみました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供に人気のハンドスピナーの作り方は意外と簡単です

2017年、子供に大人気になったハンドスピナー。 手で回すだけという単純なものですが、これまで...

軽で高速を走るのは怖い?高速道路も安全運転で走ろう

軽自動車で高速を走るのはなんだか怖い・・という人は多いのではないでしょうか? しかし、なぜ軽だ...

日本の天皇は世界一の歴史を持つ?その歴史と誕生の謎

日本の天皇は、その長い歴史から世界に類を見ない存在なのです。 海外の著名な王室からも一目置かれ...

大相撲を観戦するなら、マナーを守って楽しく見よう!

大相撲観戦というと、あの座布団を投げる光景を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか? しかし...

ドラム初心者の練習!ドラムを始めるための基礎知識

ドラムを始めたけど、なかなか上達しないと感じている方はいませんか? ドラムを始めて、まず言われ...

早稲田を目指す浪人生に必要な勉強時間とは?偏差値で考えよう

難関私大である早稲田。浪人生は「来年こそは絶対合格したい!」と1年間猛勉強する決意をしていることでし...

血液型がab型の人の特徴のウソ・ホントを調べてみた!

4つの血液型で一番少ないab型。でもab型っていろんなことを言われてしまいますよね。 二面性が...

ソフトテニスのサーブトスの上げ方!意識したい4つのポイント

ソフトテニスのサーブはトスから始まります。ということは、トスの上げ方によってサーブの良し悪しも決まる...

上手なピアノの先生の選び方とは?3つのコツを教えます!

子供にピアノを習わせたい・・・ピアノを始めるにあたり、大切になるのは先生・教室の選び方です。 ...

バイク好きの女性必見!ツーリングの必需品やあの悩み対策

女性にお勧めしたいツーリングする時に準備すると良いものとは? 女性1人ツーリングのメリットやデ...

バイクの趣味はお金がかかる?節約にはメンテナンスが重要です!

バイクが趣味だとメンテナンスやパーツにガソリン…お金がどんどん出て行ってしまう! でも、メンテ...

氷を異常に食べるのは欲求不満があるから?氷食症の原因を探る

ジュースなどの氷を最後に食べることはありますか?実はそれ、欲求不満の表れかもしれません。 「氷...

日本は信じられないほど安全!外国人からみた日本の治安

日本が治安の良い国だというのは、日本人でもよく知る事実。 では、外国人から見ると日本の治安はど...

クォーツ時計と高級機械式時計の違いについてご紹介

クォーツ時計と高級時計に多い機械式の違いについて知っていますか? 今腕時計の中で最多いクォーツ...

ドラムの練習は自宅でもできます!あなたにおすすめなのは〇〇!

ドラムを始めたいけど、自宅で練習できない・・・そうあきらめていませんか? 今では消音効果の高い...

スポンサーリンク

おいしいコーヒーの入れ方をマスターする4つの方法!

コーヒーには好き好きがあります。そして、”自分ルール”というのも存在しますよね!お砂糖の量、ミルクの量。ブラック好きなら○○の豆がいい。コーヒーの引き方などなど…。コーヒーを毎日飲んでいるというひとはやはりこだわりがあります。しかし自分のこだわりに近いコーヒーを自宅でというととても難しいものがありますよね!

最高においしいコーヒーの入れ方をご紹介していきます。注目するポイントは

1 豆の選び方・豆の保存方法
2 焙煎方法・ブレンド方法
3 挽き方・入れ方
4 コーヒーを飲む時のマナー

このポイントを押さえておけばあなたもコーヒーマスターです!自宅でおいしいコーヒーを入れれるようになったら友人などを呼んでコーヒーを味わってもらいましょう!

おいしいコーヒーの入れ方!一つ目のポイント!

コーヒー豆をの選び方!コーヒーには【ストレート】【ブレンド】があります。産地の名前が一つで表記されているならばそれは【ストレート】そして【ブレンド】とは複数の産地の豆を配合したものを指します。

ストレートコーヒーはその産地の特徴や独特な個性などを味わえます。ブレンドコーヒーはストレートコーヒーだけでは引き出せない味わいを調合し、ブレンドだけでしか出せない風味を作り出してくれます。

コーヒー豆を選ぶ時はコーヒー豆専門のお店に行くのをオススメします。そこにはコーヒーに関するスペシャリストがいるので、どんな味わいが良いのか伝えてみましょう。一つ一つ豆の良さを聞いてあなたに合ったコーヒー豆を選んでみてください。

そこで気を付けてほしいところは、保存方法。おいしいコーヒー豆を手に入れたのに保存方法がしっかりなってなければ何の意味もありません。コーヒー豆は日光に弱いです。保存するケースは綺麗なものを選び、保存する場所もしっかり考えておきましょう。

おいしいコーヒーの入れ方ポイント二つ目!「焙煎・ブレンド」

~焙煎方法~
コーヒーの”ミソ”と言っても良いでしょう。「焙煎の仕方」です。焙煎ってどうゆう事?という方に焙煎の意味をご紹介していきます。焙煎とは”炒る”ということ。コーヒー豆を加熱させるんです。焙煎することにより、深み・香り・酸味・苦味・甘味を生み出すことができ、時間や加熱の仕方よって大きく変わります。

【浅炒り】【中炒り】【深炒り】と3段階に分かれており、風味を大きく変えます。
【浅炒り】
・ライトロースト
・シナモンロースト

【中炒り】
・ミディアムロースト
・ハイロースト

【深炒り】
・シティーロースト
・フルシティロースト
・フレンチロースト
・イタリアンロースト

選んだコーヒー豆はどの段階の豆か調べてみてはどうでしょうか?

~ブレンド豆の定義~
ブレンドは配合や組み合わせを考えなければバランスが崩れてしまいます。よって配合する豆は多くて5種類とされているのが一般的です。コーヒー豆のブレンドは素人の人には難しい事です。まさにコーヒー豆のブレンドは、豆の性質や風味を分かっている人にしかできない”プロの技”と言えるでしょう。

おいしいコーヒーの入れ方ポイント三つ目!「挽き方・入れ方」

~ミルの選び方~
コーヒー豆を抽出する際に必須課程といわれている”豆を挽く”という作業。豆の挽き方には5段階の挽き方があります。

・粗挽き…コーヒーの抽出時間が長い時に用いられます。

・中挽き…布ドリップなどに適しています。

・中細挽き…ペーパードリップなどに用いられます。

・細挽き…水だしコーヒーなどに用いられます。

・極細挽き…エスプレッソやターキッシュコーヒーなどに適しています。

コーヒーの飲み方で使うミルも違うんですね!風味が損なわれたり、酸化を防ぐために、コーヒーを挽く際は使う量だけにしましょう。

~コーヒーを入れる時に抑えておきたいポイント~
コーヒーを入れる際にもっとも大事なことは「水の選び方」です!水にも「軟水」と「硬水」と2パターンあり、それぞれ風味も異なってきます。軟水はカルシウムやマグネシウムが少ない水なのでコーヒー成分そのものに対し、影響を与えにくく、マイルドな味わいにします。硬水は軟水とは反対にカルシウムやマグネシウムが多く含まれており、コーヒー成分に反応しやすいです。

苦味が出るのも特徴的です。日本の水道水はほぼ軟水で仕上げられているので美味しいコーヒーを入れる事が出来るのですが、カルキ臭が気になりますよね!そういう場合は水道水を一度火にかけ、沸騰させてみましょう。ある程度カルキが軽減されます。

おいしいコーヒーを味わうための大人のマナー!

~コーヒーを飲む時にもマナーがある~
あまり気にして飲んでいる方は少ないのではないでしょうか?いくつかのNG項目をご紹介していきます!

① 音を立てて飲んではダメ!

② カップにスプーンを入れっぱなしにしてはダメ!

③ スプーンの水滴をカップの縁で叩いて落としてはダメ!

④ スプーンでコーヒーをすすってはダメ!

⑤ カップは必ずソーサー(受け皿)に戻す!

⑥ 食器とスプーンでカチャカチャ音を立てない!

これさえ押さえておけばマナーのある人と判断されるでしょう!今回はコーヒーのおいしい入れ方のポイントをご紹介してみました!ちょっとした優越できる時間のお手伝い程度の参考になればと思います。ぜひおいしいコーヒーを入れれるようになって友人、客人などにおもてなしをしてみてはどうでしょうか?

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 知識・雑学のコツ, 趣味のコツ