生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

赤ちゃんの皮膚が黒い・・・。肌の色は赤ちゃんの個性!

2017.8.21

うちの子は生まれた時から他の子に比べると皮膚が黒い感じがしました。
女の子は皮膚は白い方がいいのに・・・うちの子は色黒なの?と少し不安に・・・
そこで、これから皮膚がどう変わって行くのか?赤ちゃんの肌はどうなっているのか?など疑問に思ったことを調べてみることにしました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

小学生の算数で勉強する「時計」の単元って結構むずかしい!

小学生の算数で勉強する「時計」の単元。 この「時計」の勉強って、子供にとっては、つまづきやすいんで...

人と犬との暮らし。子供が受けるプラスの影響と犬との接し方

人と犬は大昔から生活を共にして生きてきた歴史があります。 その優しさと、人の気持ちを察する能力...

離乳食期のミルクの減らし方は?離乳食期で迷った時のガイド!

離乳食が始まったらミルクの減らし方に、てこずってしまうお母さんはたくさんいます。 離乳食が足り...

サッカーしている子供がサッカーを上達させる為に必要なこと!

サッカーが上手になりたい!サッカーをやっている子供は当然どの子も思う事です。 しかし、練習をし...

産後、上の子の保育園の送迎で困っているならこの方法!

産後、上の子の保育園の送迎ってどうしている? 産後の保育園の送迎で困っているママさんもいるので...

中3の娘が反抗期!親の出来る対処法やNGな行動はコレ!

中3の娘が反抗期に突入!何かにイライラ、ずっと不機嫌・・・一体何がそんなに気に入らないの? 反...

兄弟や姉妹の間で起こる差別!?その理由とは

兄弟や姉妹の間で親によって差別を受けたことがある、もしくはそう感じた経験はありませんか? では...

40代の主婦の皆さんにオススメしたい資格はこれ!

40代の主婦みなさん!子育ても落ち着き、時間もあるので再就職や何か資格をとるのにはいいチャンスですよ...

妊娠初期で車などで長距離運転や乗る場合の注意点をご紹介します

妊娠初期で車などで長距離運転や乗る場合、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすのではないかと不安になるママもい...

幼稚園の先生が夏休みをどう過ごしているのかを調査!

私の友人は幼稚園の先生です。さすがプロ!子供の心を掴むのがとっても上手で私の子供たちも一瞬で懐きまし...

幼稚園でお弁当を食べないときの対処方法やポイントを紹介

初めての幼稚園、初めてのお弁当や給食。緊張や不安でお弁当を食べない子もたくさんいるでしょう。 ...

2歳児の保育園での遊びについて調べてみました

保育園ではいったいどんな遊びをしているのでしょうか? 2歳児の場合は?どんな遊びが人気なの? ...

4歳児が保育園に行きたくないと思う理由について考えたい

4歳の子供が、保育園に行きたくないと言い出した!? 親としては心配になってしまいますが、誰もが...

小学校の給食用ナフキンの作り方やサイズ、素材について

小学校によっては給食の時にナフキンが必要なため、保護者が用意しなければいけません。 今は市販の...

生後4ヶ月の赤ちゃん・睡眠時間が少ない時の原因と対処法

赤ちゃんが誕生してすくすくと成長していたのに、生後4ヶ月頃になるとなかなか寝ずに睡眠時間が少ないので...

スポンサーリンク

皮膚が白い・黒い、それは赤ちゃんの大切な個性!

肌の色が白くても黒くても、それは赤ちゃんそれぞれの個性です。色白だから良いとか、色黒だから残念とかいう思い込みを捨てましょう。可愛い自分の子供そのままを受け入れましょう。そもそも、生まれ持った肌の色、色素は大人になってもそう変わることはありません。

肌の色を気にするよりも大切なのは、赤ちゃんの肌をきれいなまま守ってあげることではないでしょうか?赤ちゃんの肌はぷるぷるできめ細やかで理想的ですよね。ですが大人になればガサガサしたり毛穴が気になったりシミが出てきたり・・・女性なら肌の悩みは多いものです。

自分が苦労したように子供にはきれいな肌のままでいて欲しい、そう思うお母さんは多いはず。赤ちゃんは小さいうちから紫外線などの対策をして肌を守ってあげなければいけないのです。

赤ちゃんの皮膚が白い・黒いよりも大切なことはスキンケア!

赤ちゃんの皮膚の色が白い、黒いよりも大切なのは赤ちゃんの肌の性質を知っておくことです。大人になっても肌がきれいなだけでとてもうらやましくなりますよね?肌は小さいうちからお手入れしていく事が大切なんです。

そこで赤ちゃんの肌のお手入れに定説なポイントをお話します。赤ちゃんの肌はぷるぷるできれいなのですが肌荒れもしやすいのです。赤ちゃんの肌は大人の皮膚とは違い外からの刺激にとても敏感で皮膚の厚さも大人の半分であると言われています。

大人になってからシミに悩まないよう、小さいうちから日焼け止めを塗ることも大切です。そして赤ちゃんはとても汗っかきで、すぐに湿疹ができてしまったりします。スキンケアの一番のポイントは清潔であることです。一日に一回はお風呂に入れ皮膚についた汚れを洗い流します。特に汗をかきやすい夏場には1度では足りないかもしれませんね。お風呂に入ってさっぱした後は、大人と同じ感覚でついついごしごし拭いてしまいがちですがそこは敏感な赤ちゃんの肌、体や顔を拭くときもタオルで優しくポンポンと水分をぬぐうようにしてあげましょう。

洗った後は乾燥もしやすいのでカサカサが気になるときには保湿クリームを薄付けしましょう。また冬の乾燥にもとても弱いので保湿クリームはかかせません。赤くかさかさがひどい時には皮膚科で保湿力の高いクリームをもらうようにしましょう。赤ちゃんの肌はきれいな反面とってもデリケートなのです。

Q、赤ちゃんの肌の色が黒いのはナゼ?

うちの娘も赤ちゃんのうちは肌が黒いと感じていました。特に外に出たり寝かせている場所が日に当たっていて日焼けしたわけでもないのでこの子は、色黒な子なんだな!と勝手に納得していました。ですが成長するにつれてそこまで肌が黒いとは感じなくなりました。

赤ちゃんの肌が黒く感じる要因には母乳性黄疸が関係している場合もあるようです。母乳で育てている赤ちゃんにみられることがあり、黄疸が長引いて肌も黒く感じることがあるのです。ですが母乳性黄疸は特別病気であるとはみなされず、特別なにか処置をすることもなく生後2~3か月で治まていきます。

母乳が悪いわけではないので、ミルクに切り替える必要もありません。母乳には栄養や免疫力が豊富なのでそのまま母乳を与えてあげていいのです。色黒に感じるのはそのせいなのかもしれませんね?ですがこの、母乳性黄疸あまりにも長く続く場合にはお医者さんに相談しましょう。

赤ちゃんにみられる母乳性黄疸とは?

産まれたばかりの赤ちゃんはお顔も体も真っ赤ですよね。そして徐々に肌色になり、その後数日すると皮膚や白目が黄色くなることがあります。これはよくある新生児黄疸と呼ばれるものです。母乳で育てている赤ちゃんはこの黄疸が長引きやすくなるのです。これを母乳性黄疸と呼びます。

赤ちゃんは生まれてからお腹の中の環境から外の世界へと体を順応させようと働きます。その中でビルビリンという物質が発生するのですがまだ体が未熟な赤ちゃんはそのビルビリンをうまく処理できず、ビルビリンがもつ黄色い色素が肌などに現れるのです。この現象を黄疸と呼びます。新生児黄疸は生後2~3日から始まり1週間ほどで治まり、母乳のみで育てている赤ちゃんは1か月~2か月続くと言われています。

赤ちゃんに黒いあざがある・・・これって治らないの?!

赤ちゃんの顔や体にあざが見られることがあります。成長とともに自然と消えていくものやレーザー治療で消すことができるものまで種類は様々です。私の娘も生まれた時に左目の瞼に大き目のあざがありました。女の子なのに目にあざがあるなんて・・・と不安になりました。生後1か月目の検診の時に担当の小児科の先生に聞いたところ「このタイプのあざはそのうち消えると思いますよ」との事でした。

娘の瞼のあざは薄い色のあざではなく濃い色だったので先生の言う通り消えてくれたらいいなと思っていましたが、先生の言葉通り徐々にうすくなり2歳を迎える頃にはあざがあったことも忘れすくらいきれいに消えました。赤ちゃんのあざは皮膚の中のメラニン色素や毛細血管が、なんらかの原因でふえると、あざとなるそうです。そのあざが皮膚の深いところにあると緑色に見えるそうです」赤ちゃんのお尻の特徴、蒙古斑もその深いあざの事なのです。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 育児・教育のコツ