生活のヒントとコツを得るWEBマガジン

生活のヒントとコツを得るWEBマガジン│コツエル

フロントガラスの飛び石の原因と対策!季節も関係あった!

2017.8.20

フロントガラスに飛び石が!この原因は季節にも関係があったのです。

保険が適用になりますが、愛車に傷がつくショックはカバーできません。

不可抗力とあきらめないで対策をしましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

採血される時に1回で終えるコツ!受ける側も気を付けたいこと

病院や健康診断の時にされることが多い採血。 採血を受ける側の血管が細かったり、針を入れると血管...

ボールペンの落書きをキレイに消す方法。テーブルや壁編

子供にボールペンなどを持たせると、紙からはみ出しテーブルの上にも書かれてしまったり、気が付いたら壁に...

気持ちをリラックスさせる効果的な方法を紹介!

緊張やストレスから今すぐ脱出したい!そんな時ありますよね? 何をすれば、その時の緊張が和らぐの...

部屋の湿度は何%程度が最適?湿度が高すぎ・低すぎで弊害も

部屋の温度は暑い、寒いと感じて調節しますが、湿度は意外と気にしていないかも。 最適に感じる湿度...

特に新車で黒系は注意!正しい洗車方法をご紹介します

新車購入後に気を付けて欲しいのが「洗車」です。 特に黒系の場合は洗車方法を間違えると、細かな傷...

カレーに牛乳を入れて子供用にアレンジ!こんな簡単な方法が

大人も子供も大好きなメニューのカレー。 週末や給料日前はカレーというお家も多いのではないでしょ...

大掃除に重曹と酢を利用して家中をピカピカに!

大掃除にたくさんの洗剤を駆使していませんか?重曹と酢だけでしつこい汚れもキレイに落とす事ができますよ...

友達と遊びに行く高校生の予算は?お金がない時にはコレ!

友達と遊びに行く時、高校生が遊びに使う予算はいくらぐらいなのでしょうか? 同年代のお子さんがい...

詰め替えボトルを洗わないとどうなる?雑菌を繁殖させないために

詰め替えをする時は、ボトルを洗って、しっかりと乾かしてから、詰め替えのシャンプーやボディーソープを入...

源泉徴収票には退職日が記載されているので嘘がバレます!

転職回数が多い人や無職の期間が長い人は職歴を誤魔化したいと思うこともあるでしょう。 履歴書に職...

ゴミの分別をしない人。ルールを守らない人に言えることとは

ゴミを分別しない人って、何を考えているのでしょうか? ゴミの分別はルールがあります。なぜ、ルー...

退去費用の一般的な相場はどのくらい?相場事情をご紹介!

住んでいた賃貸住宅を退去する時には、かならず退去費用が請求されます。 その時にかかる退去費用の...

卵を使って簡単に手作りお菓子!バニラアイスやケーキがヘルシー

栄養価の高さから、「スーパーフード」とも言われている卵。 朝ごはんやお弁当など毎日食べるという人も...

No Image

新車のオイル交換のタイミング!目安の時期や走行距離はコレ!

新車を購入した時は、メンテナンスもしっかりと行って車の状態を保ちたいですよね!新車のオイル交換のタイ...

北海道は夫婦旅行に最適!おすすめスポットをご紹介♪

北海道は夫婦の旅行先としても大変人気があります。広く遠くまで見渡せる大地をドライブするだけでも楽しめ...

スポンサーリンク

Q、フロントガラスの飛び石。何が原因なの?

フロントガラスの飛び石。経験したことはありませんか?飛び石はどのような事が一般的に言われている原因なのでしょうか?前方を走行している車が、急に割り込みしてくることが原因になりますか?

対向車からの跳ね石、または強い風の日に舞いあがった小さい砂なら、高速道路を走っている時に受ける事も考えられます。車のフロントガラスは少し斜めになっていて丈夫そうな素材で、多少の衝撃なら大丈夫のような気がします。

なのに、実際は飛び石でフロントガラスに傷がつくのかが不思議なのです。もしスタンドにある自動洗車機のモップに小石がついていたら、傷がつくような気はしますが・・・。

A、フロントガラスの飛び石の原因についてお答えします。

車のタイヤと、路面に挟まれた小石は走行中にはじきとびます。その小石の大きさ、はじきとぶ強さによってフロントガラスに傷をつけてしまいます。前方を走行している車(斜め前も)がタイヤにはさんだ小石も同じです。

そして、タイヤにくっついてタイヤの回転でとばされる事もありますよ。砂利道を走った事はありませんか?砂利が車に当たる音がしますよね?この時など、タイヤに砂利や小石が付くこともあります。砂利などを積んでいるダンプカーから落ちてくる事もありますが、必ずしも前の車だけではありませんよ。

また、高速道路には小石・砂がたくさん落ちています。オートバイに半ズボンで走行した時は、足に砂がずっとあたってちくちくと痛かったです。たまに出血したこともありました。一回走行することで数え切れない砂・小石があたっています。なので運が悪ければフロントガラスにヒビが入ったり割れることもありえる事です。小石が約100キロでとんできたら・・・と考えてみてください。

原因はコレだった!~フロントガラスの飛び石~

飛び石の事故が多くなる季節を知っていますか?実は・・・秋と春の初雪と雪解けの時期に多くなるんです!スタッドレスタイヤで乾燥した路面を走行することが原因になります。

このスタッドレスタイヤ、夏のタイヤにはそんなに深い溝はなくシンプルなパターンに対し、深くてとっても複雑なパターンの溝がたくさんあります。そしてタイヤのゴムも柔らかい!このうようなタイヤで道路を走行したら、落ちている小石をはさんでしまいます。そしてそのまま走行していると、後ろの車にタイヤから小石がとれてとんでいくというわけです。

ここで、飛び石被害の損害賠償についてお話します。たとえ前を走行していた車が一台だけだったとしても、一般的にはその前方の車に損害賠償の請求は認められない事がほとんどです。小石をとばした証拠がない事が多いからです。また、その前方の車に過失があったのか、後ろを走行していて飛び石の回避は不可能だったのかもポイントになってきます。

小石がはさまって後ろの車にとぶ事は想像が付く事であり、仕方ない事でもあります。なので、その事を考えての車間距離をとっていればフロントガラスが割れる事もなかったのでは?ということになります。

道路交通法は、いつ子供が飛び出してきても回避が出来る運転が義務とすれば、高速の追突・飛び石も回避できる車間距離で走行するのがあたりまえなんでしょう。無駄にタイヤをスピンして小石を撒き散らして走行している車なら、損害賠償の請求はできるかもしれませんね。

飛び石をもらわないようにする対策はあるの?

回避したくてもできない飛び石による被害。仕方ないと対策しないで諦めていませんか?こんな分析を行った結果があります。

飛び石の被害でフロントガラスが破損した車は、スピードが時速60キロ以上で、片側2車線の道路の追い越し車線を走行中だっだ事が共通の条件でした。このことで、スピードが出でいると飛び石の被害が大きくなり、対向車両からの飛び石は、追い越し車線を走行中の方が当たりやすいということがわかります。

片側一車線の道路でも、飛び石でフロントガラスが破損する事もありえます。そして、スピードに関係なくフロントガラス以外も飛び石で傷が付くこともあります。飛び石の被害にあわないようにするには。片側2車線の道路なら、なるべく走行車線を走って、スピードを抑えて走行するようにしましょう。

渋滞もなくスムーズに走行できる高速道路などで、ついついスピードを出して速度の遅い車を追い越しそのまま追い越し車線を走り続けていませんか?この状態は飛び石の被害にあう可能性が高くなるので、気をつけましょう。

飛び石の被害は、窓ガラスの破損か他物の落下・飛来による損傷として車両保険で保障の対象になっていますが、金銭的な部分をカバーできても、愛車をに傷がついたショックは保険ではカバーできません。なるべく飛び石の被害にあわないように対策をしましょう。

フロントガラスに飛び石が!補修と修理について

気持ちよくドライブしてたら、ピシッ!と音が!フロントガラスに飛び石が当たる音です。気分が一気に悪くなりますよね。このフロントガラスの傷は、少しくぼむ程度ならともかく、少しでもヒビが入っていたら…そのままにしておくとヒビが広がるので補修が必要になります。このままでは車検も通りませんので。

補修は、ヒビに樹脂を流しこみます。(作業する人によって仕上がりに差がでることも)また、この作業中に割れる事もあります・・・。飛び石によるガラスの交換は車両保険で修理ができるので、交換することがおすすめです。フロントガラスには純正のUVカットや、熱反射ガラスや上部ぼかしなどもありますが、保険は純正交換までの修理代金なので、差額は自己負担になりますよ。

前方を走行していた車から飛ばされた石でも、責任はほぼ追求できません。保険が頼りになりますね。一般的に自費なら補修2万円、交換10万円くらいです。スポーツカーやバイク、幅広のタイヤの後輪駆動は石が飛んでくる事が多いようなので気をつけましょう。

この記事の編集者

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

コツやヒントの情報WEBマガジン「コツエル」

日々の暮らしの中で、ふと思う疑問や、ちょっとしたお困りごとのヒントやコツを配信するWEBマガジンです。様々なジャンルのライフハックから恋愛のコツまで幅広い情報を掲載しています。

WEB SITE : https://get-tips.net/

 - 生活のコツ